最近ボトルの形がリニューアルされましたタンカレーナンバーテンです。

タンカレーと言えば4回蒸留で作り出されるドライでいて切れのあるイギリスのプレミアムドライジンであり、タンカレーナンバーテンフレッシュなボタニカル(香味植物)や生のフルーツを使い、エレガントな風味を醸し出しており、その風味を損なわないようにするために少量ずつ製造されてるスーパープレミアムジンでございます。

その味は「ジンのロールス・ロイス」など様々な呼び方で称賛されており、ジョン・F・ケネディが愛したジンとして知られていますね。(僕は最近まで知りませんでした。)

 

ナンバーテン」とはタンカレー社の伝統的な製法を再現するために同社に現存している蒸留器の中では最も古く、10番目に製造された小型単式蒸留器「タイニーテン」により製造されていることに由来しているそうです。

(過去のタンカレーナンバーテンです。)

そして前のボトルデザインは今のボトルと違い、カクカクとして細長いボトルでした。

新しいボトルデザインは生のフルーツを連想させるスクイーザ(レモンやオレンジなどの果実を絞る器具)の形にしたと言われています。(それだけフルーティーだというわけですね。)

味だけでなく、見た目も楽しいこちらのジン、ジンは苦手と言うお客様も大変飲みやすいので1度お試しいただいてはどうでしょうか。 新たな発見があるかもしれませんよ?

当店では料理はもちろんお酒も楽しんでいただけますよ。

グランフロント 創作中華レストラン レジーナ