桜も葉桜に変わりつつある今日この頃。

新社会人の皆様も今の仕事に慣れるためにさぞかし奮闘されていることでしょう。

そんな気持ちをリラックスさせる料理を今回もご紹介。

蛤のスープ揚げ独活(うど)添え 桜海老と共に

蛤を水と紹興酒でしっかりと煮込み、生姜と山椒を加えてスープの味を調えていきます。

塩ベースのスープに蛤の良い出汁と生姜の香り、少しだけ感じる山椒が良い味のアクセントになってます。(体の芯から温まります。)

揚げた独活も良い食感を生み出していますし、乾燥させた桜エビのチップを上から振りまいていますので、こちらの香りと食感もお客様を楽しませる一つの要因となっています。

まさに今が旬の特製スープですね。


さてさて、ここでもう一つお薦めの料理をご紹介します。

桜海老と春野菜の焼きそばです。(すみません、写真がありません。)

春野菜はその日に調達出来た食材を使用しております。

最近でしたら春キャベツと菜の花です、春キャベツの甘味と菜の花の大人の苦みを塩ベースの焼きそばに絡めながら、上から振りまいた桜海老の香りに酔いしれていただきます。

シンプルだけどやみつきになるそんな1品です。


桜は散って無くなりますが、桜海老はまだまだ無くなりません。

桜は桜でも桜海老を グランフロント 創作中華レストラン レジーナでお楽しみいただいてはいかがですか?