気温は温かくなりましたが、天候に恵まれない今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

少し憂鬱な気分も晴れやかになるそんな料理を探しに出かけてみてはどうでしょうか?

では今回のお薦めは・・・

白鱚(キス)の新じゃが捲き 菜の花添え 新玉葱のピューレ・オイスターソースです。

骨を丁寧に抜いた白鱚に塩と黒胡椒を振りかけまして、新じゃがいもを薄くスライスしたものを丁寧に捲いていきます。

捲き終えた白鱚を丸ごと油で揚げます、この作業により白鱚の頭としっぽの部分が食べれます。(骨せんべいのようにパリパリいけます。)

白鱚も直接油で揚げていないので身もやんわりと仕上がっていて、外はサクサクとした新じゃがの食感で、内の白鱚のやわらかな身の食感の中にたまに黒胡椒の粒のカリッとした食感が重なり、食べる者を飽きさせない工夫がなされています。

そして味の変化をもたらす2色のソース、黒がオイスターソースで白が新玉葱のピューレであります。(イメージはポタージュだそうです。)

1つ1つ付けながら召し上がるのも良し、2つ同時に付けるも良しでございます。

ちなみに添えてある菜の花は塩炒めです。

旬の食材をふんだんに使ったこの料理、今この季節に是非一度お召し上がりください。

グランフロント 創作中華 レジーナで憂鬱な気分を吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか?