夕暮れ夕日のさして山際いと近くなりたるに・・・」という具合に夕暮れが綺麗な今日この頃。

皆様は如何お過ごしでしょうか? グランフロントで夕暮れや夜景を見ながら美味しいお食事は如何ですか?

では、 舌平目のホイル包みご紹介致します。

頭以外の骨を綺麗に取り除いた舌平目をホイルで包み、キノコを豆板醤や醤油、黒胡椒などのソースで炒めます。

舌平目にキノコと黒胡椒のソースをかけて、上から葱を振りかけてバター蒸しにします。

20分ほど蒸し器にかければ完成です。(少しお時間がかかりますが、御了承ください。)

柔らかく仕上がった舌平目にバターのコクとキノコの香り、あっさりしながらもピリッと感じる黒胡椒のソースと葱のシャキシャキの歯ごたえがお客様を満足させるでしょう。



次にポルチーニ茸と九条ネギの炒飯をご紹介。(写真無しです。)

こちらは簡単に、イタリアのポルチーニ茸をソテーして京都産の九条ネギを使い炒飯にしていきます。

ポルチーニの香りを少し出したいので隠しアイテムを少々使用します。

出来上がった炒飯を皿に盛り付け、周りに葱とオリーブオイルで作ったピューレをあしらって完成です。

ポルチーニの芳醇な香りと九条ネギの食感が秋を演出してくれるでしょう。



少し肌寒いの夜長に体も心も温まる創作中華 レジーナの料理は如何でしょうか?

きっとご満足いただけると思いますよ。