1月20日頃は大寒といい1年で1番寒い時期だとされています。

大寒波も過ぎて1段落、皆様いかがお過ごしでしょうか。

梅の花も咲き始める頃だしお花見でも・・・というのは気が早いですね、ではグランフロントでお食事はいかがでしょうか?

お酒のつまみに最適の青森県産 シャモロックの2種盛り合わせなんてどうでしょうか?

Regina_2

青森シャモロックとは、青森県畜産試験場が20年の歳月をかけて交配した高品質な地鶏です。全て平飼い(放し飼い)で、一般のブロイラーの2倍の期間をかけてじっくりと育てます。

奥深い味わいで濃厚なダシが出るほか、ピアノ線のごとき繊細な食感が特徴で、市場からは名古屋コーチン、比内地鶏と同等の評価を受けています。

また、宮内庁管轄の御料牧場へひなが出荷されている唯一の地鶏でもあります。(どっちの料理ショーに2度出演し、2度とも優勝するという快挙を成し遂げた特選素材だそうです)

t_00ua(シャモロックさんです)

そのシャモロックのもも肉は骨ごとぶつ切りにし、鶏ガラの出汁に赤ワインとオイスターで味付けをしました。 ジャガイモのピューレと共にお召し上がり下さい。

ロース肉には中国砂糖醤油の甜醤油と合わせた特製ジュレを使い、タタキ風に仕上げました。

この食感も、味も、異なる2種のシャモロックの美味しさは、お客様にご満足いただけるかと思います。

大変好評のシャモロック2種盛り合わせは2月7日までとさせていただいております。

食べてみたいというお客様は是非、グランフロント北館6階の創作中華 レジーナにお越しくださいませ。