今年ももう1ヶ月が過ぎてしまいました、早いものですね。

今年は暖冬のおかげかあまり雪を見ることもなさそうです(毎年あまり見てませんが・・・。)

そんな(私にはあまり縁の無い)雪が作る食材、Regina_1青森のふかうら雪人参を使ったパウンドケーキのご紹介です。

ふかうら雪人参とは、青森県深浦町の農事組合法人舮作(へなし)興農組合が栽培している雪の下から収穫される「にんじん」で、野菜とは思えないフルーティな甘さが特徴です。

_1172810

?「にんじん」は「はまべに」という品種で、夏に植え、秋に収穫できるまでに育ったものを、そのまま土の中で眠らせ、雪が積もり始める12月から3月までの冬期間、一本一本手作業で収穫されます。

冬に収穫することにより、「にんじん」自体がもつ、寒さでも凍らないよう身を守る生理機能が働いて糖分が蓄えられ、野菜とは思えないフルーティな甘さをもった「ふかうら雪人参」が生まれます。(?収穫直後は、糖度9度前後、高いものでは12度を超えるものもあるらしいです。)

その雪人参をピューレにして煮詰めてパウンドケーキに。

味のアクセントとして数種類の香辛料やオレンジの皮、青森の林檎ジュースを使ったジャムを合わせてお召し上がりください。

自然のものを使った甘味が優しくお客様を包み込むことでしょう。

さて今回ご紹介したふかうら雪人参のパウンドケーキも2月7日までの期間限定としています。

素敵な味の出会いを求めるなら グランフロント6階 創作中華 レジーナまでお越しくださいませ。